Entries

スポンサーサイト

幕間②(サクサク読めるようにマックーマっ!)

〈五時十七分 クラナガン駅前〉 新たなる年を迎え、興奮が冷めやらないクラナガンの駅前。 今からどこかに出掛けるのか、早朝でありながらも多くの人で賑わっている。 その駅前にある噴水の縁に一人、少女が眠気まなこで周囲の風景を眺めていた。 彼女の目に映るのは仲睦まじい恋人たちやいかにも幸せそうな家族連れ。 人々の顔には笑顔が浮かび、憂鬱そうにしている少女とは正反対であった。「何で、私……こんなとこにいるん...

Appendix

プロフィール

Author:雪奈
「交換戯言日誌」を見に来て下さってありがとうございます。
終焉の引き金を引くのは貴方。
物語の続きを作るのもまた……
読んでいる貴方なのです。






無料アクセス解析

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。